CUB ONLY LIFE(カブ オンリーライフ)

ホンダが誇る世界的な名車カブ情報満載の【CUB ONLY 】の公式ブログ。世界で一番売れているバイクだけあって、その情報量は膨大。カスタムネタやパーツ情報を中心に、カブファン必見の様々な情報をアップしていきます。

カブな人 大沢 健次 さん part1

マイ・ウェイと聞くと、カブの専門店だとご存知の方も多いことでしょう。実店舗自体はすでに閉めてしまっているのですが、「出張サービス」をベースにマイ・ウェイは今も存在します。オーナーの大沢健次さんの取材を行いました。

カブな人 大沢 健次 さん part1
Profile 大沢 健次 さん
モトクロス国際A級のライセンスを持つライダーでありながら、「カワイイ」バイクのカスタムにこだわる、そのギャップが楽しい大沢さんです

Shop Information
マイ・ウェイ
TEL…070-6674-1108
URL…http://ameblo.jp/myway-zeus


オシャレなバイク屋 当時はまだ早かった!?
 大沢サイクルとしておじいさんの代で開業。お父さん、健次さんとお店を継ぎます。当初はカブ専門店というわけではなく、色々なバイクを扱うお店でした。東京渋谷の道玄坂という、若者が集まるオシャレな街のど真ん中にバイク屋を構えた1920年頃、「そんなところにバイク屋さん!?」と、驚かれることが多かったそうです。

「健次のじいちゃんは、かっこいいバイク乗りだったんだよって、同世代の人たちからすごくよく聞く。そういった環境だから、僕も物心ついた頃からバイクに囲まれて育って。初めてバイクに乗ったのは確か6歳の頃で、ホンダのロードパルだったかな」


 他にもスズキのRM50でモトクロスをやっていたりと、とにかく昔からたくさんのバイクに乗り、その中にはカブもありました。その後バイクブームが来るも、時代はレーサーレプリカ全盛期へと突入しました。

「当時はバイクがオシャレなんて言ってるところはなかったんじゃないかな。ちょっと早すぎたのかもしれないですね。ただ、カワイイものを作りたいという想いは、昔も今も変わらずにあるよ。カッコ良さの中にも可愛さがあるみたいな。だからコンプリートバイクにもこだわっている」

カブな人 大沢 健次 さん part1
大沢が跨っているカブのカスタムパーツも購入できます。スムージングハンドル(¥20,000+税)は、このスタイルに重要アイテム。ウインカーはアルミ削り出しのベースを使いこだわっています

 全盛期には50・の中古車に絞って販売していた頃もあり、その時は1ヶ月に車両が80台以上売れていた時代だったそうです。しかし徐々に中古も新車も売れなくなってきて、それなら、とカスタム車を作るようになりました。

カブな人 大沢 健次 さん part1
シートはリトルカブの50周年限定モデルのもの

カブな人 大沢 健次 さん part1
ペイントするために、FRPで制作したレッグシールド。これはカスタムするときには大変都合が良い一品だろう

 いかにも街のバイク屋さんです、というような頑固親父のいる小汚いお店ではなく(笑)、明るくてカフェのような店構えだったマイ・ウェイ。自然とみんなが集まってくるようなお店でした。驚くことに、なんと8割が女性のお客さんだったんだとか! 華やかでいいですね~。ただ渋谷や原宿では、駐禁の取り締まり強化で、手軽にオシャレなカブに乗っていた人たちがいなくなってしまったのです。

カブな人 大沢 健次 さん part1
スモールキャリアB(¥16,000+税)で、レトロさをプラス。スーパーカブ50をベースに、C100風にカスタムした車両。現行のスーパーカブだと作れないけれど、リトルカブならC100風も作れるとのこと。問い合わせみてください。

part2につづく

同じカテゴリー(過去記事アーカイブ)の記事

 
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

企業情報

会社名

造形社

住所

〒164-0011
東京都中野区中央

TEL

03-3380-1061

URL

http://www.zokeisha.co.jp/motomoto/


ログインカテゴリ一覧